ハイヤーを使うメリットと利用場面について

国際交流が盛んになっているこの時代ですから、海外から飛行機を使ってはるばるやってきた客人を空港まで出迎えたり、日本国内のちょっとした観光でおもてなしをしたりするといった機会も生まれる可能性があります。もちろん、家族ぐるみのごく親しい間柄であれば、マイカーでの出迎えといったパターンが一般的でしょう。または、公共交通機関である電車や路線バスを使っての移動も、あり得る話です。

しかし、たとえば会社の重役や大学の学長などといった、社会的な地位を持っている人が相手となる場合には、やはりその場面や地位にふさわしいおもてなしの方法を考えておかなければなりません。日本人は、礼儀を大切にする習慣があります。これは海外とのつきあいであっても同様であり、それを欠かさないようにすることで、さらなる将来的な友好関係の維持や、評価の高まりが期待できます。そこでこのような場合に注目しておきたいのが、ハイヤーを活用するという方法です。

ハイヤーにあまり馴染みがない人は、タクシーと混同してしまうこともありますが、両者はやはり別物と考えたほうがよいといえます。たとえば、いわゆる流しのタクシーであれば、街中のどこであっても手を挙げて乗車を求めることができます。しかし、ハイヤーは依頼者が車両と運転手の両方を貸し切って使うスタイルですから、どこでも乗れるわけではなく、事前に契約を結んだ上での利用が可能な乗り物です。

グループでの利用などであれば、待ち合わせをして皆で乗車することもできますし、乗車する場所や時刻などもすべて依頼者の意向によって決めることができます。これは発車時刻や場所が決まっている電車やバスのような公共機関や、利用したいと思った時にその場所を走っているか、すぐに手配をしてもらえるかといったことに左右されてしまうタクシーと比較したときの大きな違いです。

ハイヤーには、そのほかにも最上級というにふさわしいグレードの車両と、熟達した技術を持つ運転手が配属されている点にも特徴があります。このようなクオリティの問題は、海外からの大切な客人をもてなすにあたって不可欠な配慮といえます。運転手も英語などの外国語を話すことができる人が多いため、客人の不安を解消してスムーズに意向にしたがって行動できるところはハイヤーを選択するメリットといえます。臨機応変に対応してくれるので、空港の送迎にも安心して利用できますし、観光案内を外国語でしてもらうことも可能です。