ハイヤーとタクシーでは違う部分

運転手が目的地まで連れて行ってくれるのがハイヤーサービスですが、タクシーとどのように違うのかと思う人もいるでしょう。確かに両者はサービス内容の面で違いの分かりにくいところもあります。しかし両者にはいくつかシステム的に違いが見られます。

まずは完全予約制かどうかです。タクシーの場合、確かに電話などで車を回してもらうようにお願いすることもできます。しかし、流しという、道路を走行しているタクシーに手をあげて乗せてもらう方法が一般的です。また駅前などにはタクシーが止まっているので、こちらに乗って目的地までアクセスできます。一方ハイヤーの場合、街中を走行している車両を拾って乗せてもらうことはできません。完全予約制となっているため、街中を空車の状態で走行することはありません。目的地まで送り届けたら、そのまま営業所に戻るのが一般的な流れです。

両者には料金システムにも違いがあります。タクシーの場合、メーター制をとっています。時間や距離をベースにして金額が決まります。乗車したところから目的地に到着するまで、車両前方にあるメーターが上がり続けて料金が加算されていくシステムとなっています。一方ハイヤーの場合、料金は各ハイヤー会社によって異なりますが、営業所の車庫から出発し、サービス終了し車庫に戻るまでの時間が料金対象になります。

ハイヤーはタクシーのように車内にメーターが設置されていないと思っている方もいるでしょう。しかし、法律により、実はハイヤーにもメーターが取り付けられています。ハイヤーはおもてなしなどサービス面を重視した乗り物です。ハイヤーの予約者が乗客とは限らないことに加え、その場合は乗客もVIPの方や企業にとって大切なお客さんなどのことが多いです。そのため、ハイヤーではお客さんから見えない位置にはメーターを置いていない、もしくは目隠しをしており、メーターが設置されていないと思ってしまわれがちなのです。

ハイヤーの場合、お客さんと契約を交わした後にサービス提供するところもタクシーとは異なる点です。契約は2種類あって、スポット契約と長期契約です。スポット契約とは、いわゆる単発でお願いする場合です。一方長期契約は月極で料金を支払う形式です。ビジネスユースで自宅から会社までも送り迎えを毎日お願いするときなどは長期の契約になることが多いです。月極の方がスポットと比較して割安価格に設定される傾向が見られます。